活動報告: 2012年4月

平成24年度 ステラマリス会幹事総会2012-04-11

平成24年3月31日、ステラマリス会幹事総会が行われました。

36学年のご出席と24学年の委任状をいただき無事終了いたしました。

その後、第一回目となる海の星基金による講演会が行われ、森田校長先生による

貴重なお話を聞かせていただきました。

08.jpg

 

お話の中で、海星が時代の流れに合わせながらも、その建学の精神は失うことなく守られていること

のお話がありました。 

この建学の精神を大切にすること、海星としての特色を出すということ、そして学力保証という3点に

基づき、現在教育を行っているそうです。

建学の精神である "真理と愛に生きる" については、Sr.林から聞かれたお話を伺いました。

"愛において真理を" という意味で、その人を本当に愛することによってしか見えない 真実の姿を

見、受け入れることだそうです。

次に、海星の特色として女子校であることが挙げられますが、次々と私学が共学化される中、何故

今の時代に女子校なのかについて伺いました。女子しかいないことで、共学なら男子に頼ってしまう

事でも、自分たちで考え行動することができる環境にあることで、何事にも積極的に取り組み、またリ

ーダーシップを取れる女性となれるという利点があります。

また、今回、修学旅行で初めてフランスに行きましたが、決して贅沢な旅行ではなく、殉礼者が宿泊

するような施設を利用し、お食事も地元の質素ながらも美味しいお食事をいただき、普段の旅行では

体験できない、精神的にも充実した旅行だったそうです。

このように、変えるべきところは変え、守るべきところは守り,海星の教育を行っておられるそうです。

 

 

ページトップへ