ステラマリス会組織図・会則

ステラマリス会 組織図

ステラマリス会 組織図

ステラマリス会 会則

名称・事務所
第一条   本会は、神戸海星女子学院高等学校を卒業したものをもって組織し、ステラマリス会と称する。
第二条   本会の本部は、神戸市灘区青谷町2丁目7-1 神戸海星女子学院内に置く。
支部を東京、名古屋に設ける。
 
第一章 目的及び事業
第三条   本会は、キリスト教の精神に基づき、会員相互の親睦と知徳の向上を図り、併せて母校の発展を援け、社会奉仕の実践を目的とする。
第四条   本会は、前条の目的を達成するために、下記の事業を行う。
1)   講演会、親睦会、その他会合
2)   社会福祉事業
3)   機関紙等の発行
4)   奨学金の支給
5)   その他、本会が適当と認めた種々の事業
 
第二章 会員及び会費
第五条   会員は以下の4種とする。
1)   正会員 神戸海星女子学院高等学校卒業生
2)   準会員 神戸海星女子学院高等学校・中学校・小学校のいずれかに在籍したことのあるもので、本人が入会を希望し、同学年の正会員2名の推薦のもとに、役員会において承認されたもの
3)   特別会員 神戸海星女子学院、現・旧職員
4)   名誉会員 高等学校卒業後62年経過した学年
第六条   会費は次のとおりとする。
卒業年度に終身会費を納入する。準会員は入会の際、規定の入会金・終身会費を納入する。既納の会費は返還しない。会員は、機関紙など本会からの案内・出版物などを受け取り、ステラマリスルームを利用することができる。納入しないものは、これらの権利を有しない。
第七条   本会の諸経費は、会費及びその利子、海の星基金または別途収入をもって支弁するものとする。
ただし、総会費は、その都度徴収する。
第八条   本会の事業は学年幹事総会において承認された予算に基づいて行われる。
第九条   死亡の時、退会を申し出た時には会員資格を失う。また、会員が本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に著しく反する行為をした時は、除名されることがある。
第九条の1   本会の会計年度は3月1日より翌年2月末日までとする。
 
第三章 機関
第十条   役員
1. 本会に次の役員を置く。
1)   会長 正会員より選考委員会において推挙し、総会において任命される
2)   副会長 役員会において任命する
3)   常任顧問 神戸海星女子学院高等学校校長とする
4)   顧問 特別会員及び正会員より2名を、役員会において推挙する
5)   会計 書記 広報 正会員より互選し、役員会において任命する
6)   幹事 正会員より状況に応じて必要とされる委員を役員会において任命する
7)   会計監査 正会員より2名を役員会の推薦に基づいて学年幹事総会で選任する
8)   支部長 支部ごとに支部長1名を選出する
9)   支部役員 支部長は必要に応じて支部役員を置くことができる
2. 会長選考委員会は、常任顧問、顧問より1名、会長、会計より1名、書記より1名、広報より1名、旧会長より3名、以上9名より構成される。
第十一条   役員の任務を次のように定める。
1)   会長 会長は本会を代表し、総会、役員会、幹事総会及び選考委員会を招集する
2)   副会長 副会長は会長を補佐し、会長欠席の場合は、その職務を代行する
3)   常任顧問及び顧問 適宜助言をなし、重要な会務の協議にかかわる
4)   会計 書記 広報 本会の目的達成に必要な方法を講じ、諸般の会務を処理する
5)   幹事 目的達成のため必要な方法を講じ、諸般の作業を処理する
6)   会計監査 計算書類の監査を行う
第十二条   役員の任期を次のように定める。
1. 各役員の任期
1)   顧問 3年
2)   会長・副会長 3年
3)   会計・書記・広報 3年
4)   幹事 2年
5)   会計監査 2年(2026年度より1年任期とする)
2. 役員に欠員が生じた場合は、その代行者を役員会において任命する。
3. 役員は再任をさまたげない。但し、最長2期6年とする。顧問はその限りではない。
4. 役員は任期満了の後でも、後任の役員が選任されるまでは、なおその職務を行う。
第十三条   学年幹事
1)   各卒業年度において、2~3名を推挙する
2)   役員会の会務執行を補佐し、決議事項を学年会員に伝達し、同窓会と学年会員との連絡にあたる
3)   任期は2年とし、留任をさまたげない
第十四条   学年幹事総会
学年幹事総会は、毎年1回会計年度終了後に会長によって招集され、会長が議長となり、各種議事の審議、決議を行う。全学年幹事代表の2分の1(委任状による出席を含み、名誉会員の学年幹事を除く)の出席をもって成立する。議決権は各学年1票(名誉会員の学年幹事を除く)とし、その過半数をもって決定する。また、必要に応じて招集される場合がある。
第十五条   本会は、2年に1度総会を開く。
第十六条   総会において学年幹事総会の決議内容を2期分報告する。
第十七条   役員会
役員会は、会長によって、原則として毎月1回召集される。役員会は、会長、副会長、書記、会計、広報より構成され、出席者の過半数の賛成をもって必要事項を決定する。
第十八条   会長又は役員会は重大な事柄に関しては、次の諮問委員会に諮問する。
諮問委員会は、常任顧問、顧問、旧会長よりなる。
第十八条の1   役員が、会議その他の業務のため出席した時は、交通費実費、昼食費補助、及び運営協力謝金を支払う。各金額については、別に定める。
 
第四章 会則の変更及び施行
第十九条   会則の変更
1. 本会則を変更するには、役員会において3分の2以上の賛成を得、学年幹事総会の3分の2位以上の承認を得て変更することができる。
2. 変更された会則は、学年幹事総会の承認を経て施行し、会員に通知する。
付則   1.第十五条、第十六条の適用(総会開催の変更)は、平成30年度からとする。
 
本会則は、昭和43年4月1日より施行
     平成元年2月1日一部改訂
     平成4年4月1日一部改訂
     平成9年4月1日一部改訂
     平成14年4月1日一部改訂
     平成21年4月4日一部改訂
     平成26年3月1日一部改訂
     平成28年3月1日一部改訂
     平成29年1月1日一部改訂
 
第十八条の1 別表
役員への補助金
1. 交通費     自宅から学校までの公共交通機関による、最も経済的な運賃の往復料金
2. 昼食費補助   昼をまたぐ役員会、作業の場合に、パン2個程度の補助
3. 運営協力謝金  計算期間の役員動員日数の3分の2以上の出席があったことを条件に、月額
        2千円の協力謝金を3ヶ月毎に支払う。尚、計算期間は3ヶ月とする。
ページトップへ