お知らせ

【2020年度 追悼ミサの様子】2020-11-21

2020年11月18日
今年度の追悼ミサは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、役員のみで執り行いました。
その様子を動画でご覧ください。

入祭の歌 「かいぬしわが主よ」
閉祭の歌「アメージング・グレイス」
ページトップへ

【2020年度 追悼ミサ ご報告】2020-11-21

11月18日、大学聖堂にてステラマリス会・青谷会(大学同窓会)合同で、この一年に帰天された同窓生、教職員のための追悼ミサを六甲カトリック教会主任司アルフレド神父様の司式で執り行いました。

本来ならばご遺族の皆様、ご友人、同窓生の皆様と一緒に御ミサにあずかるはずでしたが、ご承知のとおり新型コロナウイルス感染症の「第三波」とされる流行のためステラマリス会、青谷会とも役員のみ参列しました。


アルフレド神父様はミサの説教の中で聖書の第一朗読に選ばれた旧約聖書「哀歌」3章22~26節から「主の救いを黙して待てば、幸いを得る」という言葉をこの日のキーワードとして心にとめておきましょうとおっしゃいました。

「黙して待つ」とは、神様に信頼をおいて、叫ばない、逃げない、与えられたものを耐える・受け入れるということ。生きている私たちも人生のさまざまなことを受け取り、そして「死」も受けいれる、そしてその道の中に幸いがあり、新しい命、永遠の命を得ることができるのです。この「黙して待てば」という姿勢はこの日の福音「ヨハネによる福音書」12章23~26節の「一粒の麦」にも通じ、「信頼してゆだねる」という亡くなった人、そして生きている私たちにとっても大切な姿勢、心です。


説教の後,一人ひとりが沈黙のうちにこの言葉を味わいながら心の中で祈り、続いて皆でこのミサにあずかることができなかったご遺族様や同窓生の思いもあわせて帰天された同窓生の皆様のためにお祈りをささげました。


今年のミサでは、飛沫感染予防のため参列者は聖歌を歌わず、独唱者が代表で歌いました。聖歌をじっくり聴くことでその言葉も参列者の心に染み入ったと思います。ミサの雰囲気を皆様にも感じていただきたく一部映像をステラマリス会ホームページで公開しておりますのでどうぞご覧ください。


寒さが本格的になり、新型コロナウイルス感染症のさらなる拡大が懸念されます。皆様くれぐれもお健やかにお過ごしください。

ページトップへ

【体育祭のお知らせ】2020-09-10

今年度の中・高校体育祭は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、生徒のみで行われます。同窓生の皆様は、応援、見学のために来校されても入構できませんのでご注意ください。

ページトップへ

【追悼ミサについてのお知らせ】2020-09-01

今年度の追悼ミサに関しまして慎重に検討を重ねてまいりました結果、新型コロナウィルス感染症の拡大防止の為、役員のみで執り行うことになりました。

会員の皆様におかれましては、それぞれの場で帰天された方のためにお祈りいただけましたら幸いです。

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

このような状況が早く終息し、来年は皆様と共にミサを行えますよう願うと共に、皆様のご健康をお祈りしております。

ページトップへ

【講習会中止のお知らせ】2020-07-17

今年度予定されておりました、
第2回講習会「ピラティス」(10月28日)
第3回講習会「カルトナージュ」(11月19日)

は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、誠に勝手ながら開催を中止させていただくこととなりました。

参加をご検討いただいていた皆さまにはご迷惑をお掛けすることとなり大変申し訳ございません。ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。


引き続き、皆さまのご健康と1日も早い収束をお祈りしております。

ページトップへ

講習会中止のお知らせ2020-05-06

2020年6月15日(月)に予定されておりました第1回講習会「机でできる茶道」は、新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、参加者の皆さまの感染防止対策のため中止することとなりました。

参加をご検討いただいていた皆さまにはご迷惑をお掛けすることとなり大変申し訳ございません。ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。

引き続き、皆さまのご健康をお祈りしております。

ページトップへ

会報誌「ステラマリス第25号」お届け状況について2020-04-07

2020年4月発行予定の会報誌「ステラマリス第25号」は、新型コロナウイルス感染症の影響により、記事変更の相次ぐ手続きなどから、例年より遅れての発行となる予定です。

会員の皆様にはお待たせしてしまい、大変申し訳ございません。

また、会報誌の郵送につきましても、お届けまでに時間がかかる可能性が高くなっております。なお、海外ご在住の方々へのお届けにつきましても、世界的なコロナウイルス感染症の拡大により、各国の郵便事情などから、さらにお時間がかかってしまいますことを、重ねてお詫び申し上げます。

ページトップへ

2020年度 学院祭中止のお知らせ2020-03-28

2020年度 学院祭は、新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となりました。

ページトップへ

2019年度 学年幹事総会について2020-03-28

2020年3月28日(土)に予定されておりました学年幹事総会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止策のため中止となりました。


尚、議事は学年代表幹事による書面審議となり、すべて承認されたことをここにお知らせいたします。

ページトップへ

2019年度 追悼ミサ 報告2019-11-24

2019年11月20日(水)
学校の木々が紅く色づき秋も深まる中、今年も六甲教会からアルフレド神父様にお越しいただき、大学同窓会の青谷会と合同で追悼ミサが執り行われました。


今年もお天気に恵まれ、沢山の同窓生、ご家族の皆様、先生方がご参加くださり心暖まる聖歌とともに静かにお祈りを捧げる1日となりました。


入祭の歌、「ごらんよ空の鳥」でミサは始まり、神父様は聖書朗読をしてくださいました。  


 「わずかな試練を受けた後、豊かな恵みを得る。
  神が彼らを試し、ご自分にふさわしい者と
  判断されたからである。」(知恵の書、旧約聖書) 
 「わたしの父の御心は、子を見て信じる者が皆 
   永遠の命を得ることであり、わたしがその人を
   終わりの日に復活させることだからである」
              (ヨハネによる福音)

神様が考える「死」はわずかな「試練」だそうです。私たちにとって、「死」は災い、悲しみ、ですが、少しだけ、ほんの少しだけ、つまりわずかな試練の後には、大きな豊かな恵みを得ると。大きな豊かな恵みとは、神様のもとで永遠の命を生きることだそうです。


大切な人が亡くなるのはとても悲しいことです。でも、神様に望まれ、神様のもとに行かれた方々はそこで永遠の命を生きている。この1年で亡くなられた方は、この1年で新しい命を得たのですと、そう思うことで悲しみを和らげることになるのではないでしょうかと神父様は語られました。

聖歌を交えながらミサは進み、閉祭を告げる歌、懐かしい「あめのきさき」の「アヴェマリア」の節で、自然と起こったハーモニーを聴きながら、綺麗なステンドグラスの光に心が暖まるのを感じました。


この後の茶話会にも、沢山の方がご参加くださり、大切な方を偲ぶ時間となりました。


今年は災害が多い年でもありました。この日集まった皆様とともに、多くの方の心が少しでも暖かな想いで満たされますようお祈り致します。

 

 

ページトップへ